カートをみる マイページへログイン ご利用案内 サイトマップ
RSS

[ネクスト作品集]杉並区・I様邸 南玄関



杉並区・I様邸 南玄関

白系の塗り壁と乱形石、黒っぽい壁タイルと門扉などの金物で軽快さと重厚さを同時に演出した事例です。植栽スペースの作り方は、私どもネクストの得意とする手法のひとつです。植栽の手入れの手間を嫌われる方も多いのですが、長くお住まいになっていると全部土間やタイル貼りなどだとどうしても飽きがきます。新築の際もリフォームの際も、この機会にご自宅に植栽をおいてみてはいかがでしょうか。

[ネクスト作品集]越谷市・I様邸


越谷市・I様邸


エクステリア製品もいろいろありますが、ちょっと見ただけではレンガと見分けがつかないようなブロック製品、もしくはその逆も数多くあり、これもその一つです。気になったら、現物を手で触れて確かめてみることをお勧めしますが、いくら気になるからと言ってもひと様の家の壁を触る行為は決して良いことではありませんので、サンプルでお試しいただくのが無難ですが……
下の2枚ははエントランスの中の写真です。レンガ、塗り壁、枕木、乱形石、鋳物門扉・フェンス……南欧風の文法と魅力がいっぱい詰まっています。

[ネクスト作品集]つくば市・U様邸


つくば市・U様邸


リピートのお客様からご依頼の工事でした。
玄関脇から庭に向かうところにアーチを立てました。
白い木のウッドアーチですが、トレリスとして楽しむこともできるように井桁のパネルがついています。ここに蔦が絡むと、きっととても奇麗です。

写真のうしろ2つは、ウッドデッキと門扉です。
リビングガーデンとしてのウッドデッキに、ガーデンファニチャーを置くとそこはもう別世界。より多くの人がその楽しみを手にできる地球であって欲しい……私たちネクストの願いです。

[ネクスト作品集]南欧の息吹―S様邸



S様邸

レンガ積みに枕木、バッグ型の壁付けポストと背が低めのコニファー……
ウッドデッキにはフラワーポットが下がり、花壇スペースはタイルの色合いにもほど良く映えます。
南欧風ガーデンの文法を忠実に守った、それでいて安心感のある門構えです。

[ネクスト作品集]春日部市・T様邸



春日部市・T様邸

リフォームのご依頼でした。
お客様のご要望として、
■車が一台しか止められないので、二台止められるスペースが欲しい
■枕木で構成したい
■古くなった化粧ブロックを塗装して奇麗にしたい
というように打ち合わせをして仕上がった写真が、こちら。
敷き詰められたタマリュウと枕木、既存の植栽を残して枕木による土留め、化粧ブロックのリブを削りR加工をして塗装したブロック。
いかがでしょうか。

ちなみにリフォーム前の写真は、こちらです。
以前に比べ随分と印象が明るくなったのがお分かりいただけるかと思います。

[ネクスト作品集]温故知新―鉄平石の魅力



某物件

鉄平石(てっぺいせき)という石材があります。
火山岩の一種で日本では江戸時代から建材として活用されており、大規模な商業施設でもしばしば登場しますが、嗜好の変化もありましてか、最近の個人住宅ではあまり使われなくなっている材料の一つでもあります。私どもネクストでも鉄平石小端積みの壁の解体は多いのですが、施工の事例は数少ないものです。その数少ない事例をご紹介します!

いかがでしょうか。
門扉やピンコロ、洗い出しの色合いとあいまって、重厚なたたずまい。
何気なく造作されている花台が、落着きを与えてくれます。
そして、鉄平石の色合いが新品にしてはくすんでいるように見えるのにお気づきでしょうか。これは不良ではありません。なんと、こちらのお客様は既存の壁を解体する際に出た鉄平石に付着しているモルタルを丁寧に剥がして再利用したいと希望し、ご自身でそれを行ったのです。
新品の鉄平石が「浮いて」いるように見えますが、これも2年ほど経てば既存のものと違和感がなくなります。まさにプロも脱帽です!

下の小さな写真の右2つは、鉄平石小端積みを施工する際の参考図です。
普通ブロックに貼っていることがお分かりいただけると思います。

[ネクスト作品集]小物と共演する喫茶店



カフェ・フレスカ

ネクストには比較的珍しい店舗兼住宅の外構です。
自由曲線の塗り壁をフルに活用した南欧風のエクステリアです。
壁やトレリスのような大きなものだけが庭の構成要素ではありません。
植栽はもちろんのこと、プランターや植木鉢、花台といった小物も庭の大切な演出になります……

[ネクスト作品集]ウッドデッキに埋め込まれた大理石



川口市・K様邸 ウッドデッキ

「この大理石を使いたい」

お施主さまからの強い要望をウッドデッキに取り入れました。

困難が予測されましたが、幸いなことにきれいにカットされた大理石でしたので、うまくはめ込むことが出来ました。
大理石の模様とウッドデッキ、建物の壁の色合いの組み合わせがちょっと不思議な、けれども落ち着く空間。

世界にたった一つの、大理石INデッキです。

[ネクスト作品集]門まわりの考え方



H様邸 玄関前

門まわりは、ただ単にブロックで壁を立てて口金ポスト、表札、インターホン、門灯をつけて終わり……というだけのものではなく、家の個性を表現する機能もまた本分です。この場合は、ブロックを塗装して前述の機能を持たせているほか、ガラスブロックやフィックスフェンスを活用して、単に壁を高く積んだ時の圧迫感を軽減させています。
ポストや照明などでも黒色の製品を使用することで、統一感を演出しました。

[ネクスト作品集]レンガの饗宴



春日部市・U様邸

ネクストの事務所からもほど近いところにあります現場です。
最近では欧風住宅の人気が多少落ちていることもあってレンガを活用する現場は減っているのですが、こちらのお施主様はレンガを
フルに活用した外構をご希望されたこともありまして、レンガ積み、小端立て、ラインが大活躍。乱形石貼りや樹脂舗装の助けも借りまして、見て良し遊んで良しの豪華な庭になりました!

[ネクスト作品集]表情ふたつ


小平市・K様邸

敷地の隣が公園になっていることもあり、公園との一体性も求められました。公園に面している側は天然木や木樹脂製品、乱形石、鋳物門扉といった製品を活用する一方、玄関に面した側ではアルミ形材や化粧ブロック、タイルの中でもモノトーンな色調の製品を使用し、モダン風にまとめています。広い敷地の場合、このようにテーマを決めてゾーニングすることがデザイン上も極めて有効に機能します。
長くかかっただけのことはある逸品です!

[ネクスト作品集]アメリカン。



N様邸

このような白いフェンスや門扉は、アメリカンスタイルとして知られています。
それほど大きくない敷地ながら、住む人だけでなく道行く人にもその雰囲気をつかんで頂けるでしょうか。レンガの色の選択が隠されたポイントです。

[ネクスト作品集]赤い笠木……無彩色の作法



宮代町・N様邸

黒いサイディングに覆われた家です。
さてどうしたものでしょう、ということで、三つの見どころを用意しました。
ひとつは砂利ではなく割栗石を敷き詰めたこと、もうひとつは穴あきレンガによる飾り壁、最後は黒い塗り壁の上に乗せた真っ赤な笠木です。
モダン系の住宅ですと主に無彩色主体の材料が使われますが、こうした形でワンポイント的に彩度をもった材料を使うと、引き立ちます。

[ネクスト作品集]白亜

<>



世田谷区・H様邸

店舗・集合住宅兼用住宅です。
まず、こちらの全景写真でみて右隅(南面)には、和風庭園ができました。建て替え前にはばらばらに置かれていた既存の植栽や石を再配置することで、見事に和風庭園として誕生しました。簡単な自動灌水システムも備え付けて、水やりなどお手入れがしやすくなっています。


下の2枚の写真のうち左下の集合ポストのものにご注目ください。
メーカー品の集合ポストを埋めたあとで汎用形材やパンチングメタルで隙間をふさぎつつ、視覚的にも違和感がないようにまとめています。正確な製図と現場の精密な作業で実現したスタイリッシュなエントランスです。

さて、同じ現場なのかと思わず疑ってしまいますがこちらはもうひとつのみどころ、シャッターの下りている本体内部にございます車庫と店舗の入り口を兼ねた地下アトリウムです。この場所は意外に明るく、植物を植えても十分育つ日照が確保できます。レンガ積みの花壇スペースにはシマトネリコを植えました。樹脂舗装で形成された床にはガーデンファーニチャーが置かれ、憩いの場として活用できます。

←建物本体壁のRC打ち放しと違和感がないよう仕上げてあるところもさりげない着目点です。

[ネクスト作品集]洗い出しと壁タイルの共同演出



世田谷区・T様邸

東京・世田谷の高級住宅街の一角にある現場でした。
和モダンという方向性でデザインの試行錯誤を繰り返し、この形に落ち着きました。
アプローチには床と壁にLED照明が埋め込まれており、高い壁を立てた後に必然的になる暗さを軽減してくれます。
また玄関前にはベンチがある(上段右端の写真)のですが、ベンチの天板は原石を切り出した一品もの。
職人が二人がかりで持たないと運べないほどのずっしりした重みがあります。




もうひとつ大きな写真を。
こちらは、門まわりの写真です。
重厚感と軽快さが同居した門まわりは大きな見どころです。
壁タイル貼りや洗い出し、植栽の色合いを楽しんで頂けるでしょうか。

[ネクスト作品集]モダン外構にみる職人の心



O様邸

ファサードの写真だけ見れば、なんでもないような外構です。
しかし、実はなんでもなくありません(この複雑さに注意)!


モダン住宅の文法の一つである「モノトーン」に忠実な、落着きのあるアプローチです。私どもネクストでも最近多用しておりますインターロッキングと砂利敷きの組み合わせは、コンクリートを打つだけのものよりも歩く楽しみをもたらしてくれることでしょう。この現場は新築の案件ですが、こういった形でアプローチをリフォームしたいというご希望にも勿論お応えできます。是非ご相談ください!

さて、もうひとつの見どころ。こちらは建物の一角にありますスペースです。
普通ブロックと異なり、こういった正方形の化粧ブロックはその形状を保ったまま利用しなければその有難みが薄れてしまいます。無造作に積んでいるように見えて、最初からこの形状を想定しておかないとできない芸当です。また、右端の写真にも注目。黒と白のブロックを表裏逆にして積むことで、黒の面が前にせり出しています。これがこのブロックの大きな特徴であり、視覚的なアクセントをもたらすことができます。
何気なく見過ごしてしまう景色の中にも、書物で、現場で、ときには口伝で営々と受け継がれた奇麗に見せるための知恵と技術が蓄積されてできたものは数多くあります。そんな「切ってはならない重み」を感じて頂けたのであれば、現場監督と職人冥利に尽きるというものです。


[ネクスト作品集]狭小でも……


某物件


今回はやや小規模な事例です。
道路が迫っている場所でもあり造作できる場所も限られてはおりますが、どんなときでも門まわりを大切にしたいものです。塗り壁の門袖に、モダンなデザインの表札とアクセントで枕木立て。毎日目にするものですから、ベーシックでも飽きのこないものを考えるという手法も門周りのデザインで考えるべきこととして大事なのです。

[ネクスト作品集]モダンエクステリア



世田谷区・I様邸

今流行しているモダンエクステリアの場合、ところどころに木調の金物をおいてあげると見栄えがします。モノトーンを色の主体にすることはモダンの基本ですが、過ぎたるはなお及ばざるがごとし。無彩色ばかりではやはり、せっかくのエクステリアがただのお葬式色になってしまいます。

最近では欧風住宅の人気が落ちていることもあってか、モダンエクステリアは高い人気を誇っております。この現場もまた、その貴重な事例です。


[ネクスト作品集]まだらなレンガ模様。


M様邸


レンガにもさまざまな種類があり用法がありますが、壁をつくるためにレンガを積む場合、2種類3種類と混ぜて使ったり、もともと色幅の大きいレンガを使ったりなどなど、化粧ブロックではできないようなことができます。ではブロックではそれはできないのかと言えばそうではなくて、普通ブロックの上からレンガ調のタイルを貼れば同じようなことができます。
もちろんそれを繰り返していては平板に感じてしまうのですが、ここでアイキャッチとして部分的に塗り壁(わざと1個のぞき穴を空けているところも見どころです)を活用したデザイン門柱を作り、それとの対比という要素を取り込んだことによって面白い作品となりました。
鋳物門扉の納め方やアプローチのスロープと階段も、しっかり使い勝手を考慮した設計がなされています。

[ネクスト作品集]開放感も大切に……



三郷市・O様邸

猫は九つの生命をもつという言い伝えがありますが、庭も九つとまでは行かないまでもそれなりの数の表情を盛り込むことが可能です。

埼玉県内でも最近になって住む街として人気が出てきた地域のひとつが、今回の現場である三郷市です。若々しい街づくりが進む地区だけあって、この地に立ってみると明るさが感じられます。街並みに溶け込むようにと、表側は開放感を印象付けるオープンにして、裏側は実用性を備えたクローズドに造りこむという二つの顔をもつエクステリアを実現させました。
本来ならば土地の利用の上では不利であるはずの「角地」という条件も、三角形の頂点部をオープンにすることでカバーしています。


[ネクスト作品集]ここからはじまる。



つくば市・S様邸

土筆が芽を出した頃のつくばで、広い庭のリフォームを依頼されました。
花が咲き始めるのはまだこれから、ということで、ぐるりと回って庭仕事ができる空間をご希望されたお施主様の現場です。
私どもで施工したのは巡回のための通路と適度な目隠しのための枕木がメインで、いわゆるエクステリア工事的なブロックをたてた箇所は全くありません。けれども、ここで始まるお施主様と庭との対話を始めるお膳立てをしっかりと整えました。
春爛漫の今、どんな景色になっているでしょうか……

[ネクスト作品集]塗り壁を楽しむ



船橋市・T様邸

ブロックを塗装するデザインには、いくつかの楽しみ方があります。
そのままの姿で楽しむほかにも、レンガの笠木を乗っけたり擬石調タイルやセメント製品を貼りつけたり、2丁掛のレンガタイルを貼ったり、ときにはガラスブロックを埋め込んだり……
いろいろな意匠のバリエーションを楽しむことができます。

今回はお施主様の希望に沿って、そんな塗り壁を徹底的に遊びました。
竣工したてでファサードには植栽はありませんが、数年経てば植栽とも相まった素敵なお庭になっていることでしょう。


こちらは塗り壁とは離れ、建物の奥に入りまして木樹脂ウッドデッキです。
プライベート空間ですからカスタマイズは自由自在。
お施主様のご用意されたプランターやツリーハンガーが彩りを与えています。



[ネクスト作品集]街づくりも、住宅も。



宮代町・某施設

私どもネクストができることは、住宅エクステリアだけではありません。
店舗や公共施設、公園、街づくり……
さまざまなエクステリアをこなすことができます!

今回はこちらの事例。
大きなあずまや、大型の引戸門扉、整然と並ぶインターロッキング。
住宅ではなかなかできない空間美を想像できるのが、街づくりのエクステリアです。
小さいものでも、大きなものでも。
エクステリアは、終わりがありません。





[ネクスト作品集]それ行け人工芝!



某物件・リフォーム工事


施工前のお庭の状況は古く汚れたブロック塀と土の地面。
そんなお庭のリフォーム工事をしたいとのご依頼をいただきました。

お客様のご要望は…

.屮蹈奪塀を隠したい。
∋匐,庭で遊んでも泥んこにならないようにしたい
手入れが楽な仕様
ぜ然に近く落ち着きのある空間にしたい。

等など

お打合せを続け、たどり着いた結論はウッドのフェンスに人工芝のカーペット敷き。
しかし子供さんがウッドデッキから飛び降りても怪我をしないようにするため、人工芝の下にコンクリート下地を打つ施工方法は使えません。

なんとか人工芝を実現したいとさらに熟考を重ねた末、人工芝の下に建築建材のスタイロフォームを敷き詰めることになりました。
もちろんスタイロフォームは接着剤で溶けてしまう性質がありますから、そのままでは使えません。
では、どうしたのか……??





ここから先の詳細は企業秘密ですが、多々ある問題を解決。
クッション性のある緑のお庭、自然に近い居心地の良い空間をご提供することが出来ました。ディテールの写真3点、納め方に注目を!



反対側からもう一枚。
見事にご要望をかなえることができました。

[ネクスト作品集]純和風


世田谷区・T様邸


純和風邸宅です。

造園業といいますと、こういった純和風の庭を作る仕事といった分類がなされることが多いですが、エクステリアとの境目は曖昧です。むしろ同じものだと考えた方がいいかも知れません。
門まわりには最近発売された和モダンの門扉製品を中心にタイル貼りで構成しましたが、門の中は一転、芝生を主体に景石と灯篭、植栽を配置し、自然物主体でつくりました。
造園とエクステリアの融合という命題に対する、これがネクストの回答(正解は多数あるので、解答ではありません)のひとつです!

エントランス部に外周部と同じ塗り壁ではなく石垣で花壇を作ったところも、大事な見どころです。





[ネクスト作品集]ちょっとした彩り


大田区・M様邸


シンプルモダンな住宅のお庭です。


住宅のデザインがそうなっているように、シンプルモダンな庭も色彩的には無彩色を基調としたデザインが好ましいのですが、全部を無彩色にしてしまうのもやりすぎになってしまいます。植栽を活用したり、バランスを崩さない程度に彩度のあるものを入れておくのが大切なところ。

こちらの現場では、黄色の乱形石、階段蹴上部のレンガ、積み上げた穴あきブロックがその役割を果たしています。



もうひとつの見どころ。



人工竹垣で囲われた通路です。
幅はそれほど広くありませんが、歩く楽しみを感じるには十分なくらいに和風庭園の魅力を詰め込んであります。

[ネクスト作品集]命のパティオ


渋谷区・T様邸


やはりシンプルモダンな住宅のお庭です。

住宅本体が無彩色でまとめられているため、乱形石で飾ったアプローチと植栽を活用することで単純なモノトーンにはならないよう注意して設計しました。お施主様のご要望によりアーチ状の壁の下に設置された高尺のアルミ形材門扉は、いろいろ手を尽くして実現させた大切なパーツの一つです。

最大の見どころはパティオです。



その、もうひとつの見どころたるパティオ。




タイルパティオとウッドデッキとでかなり悩んだところですが、結局ウッドデッキに決定。広々とした空間は、これから何に使われていくのでしょうか? 1階フロアレベルとの段差を極力抑えたことで、内部からのアクセスはバッチリです。

[ネクスト作品集]休日はみんなでウッドデッキ。



K様邸

リビングの前にウッドデッキを置き、イングリッシュガーデン風にリフォームしたいというご希望で事務所にお越しくださったお施主様。
限られた予算に加えてさまざまな地中埋設物や本体雨樋などとの既存条件の中で考えなければならないリフォーム工事は、新築案件とは異なる難解な作業です。
化粧砂利と石畳調をベースに構成されたアプローチは、お施主様と打ち合わせしながらいくつかのデザイン変更を経てこの形に決定。
樹脂デッキも本体に悪影響が出ないよう、細心の注意を払って施工しました。
植栽は一部私どもの手が入っておりますが、基本的な部分はイングリッシュガーデンについてもよく調べていらっしゃったお施主様の希望とカスタマイズでこのような形に。




このデッキでのんびり過ごす休日は、いかがでしょうか。


[ネクスト作品集]敷地延長部の考え方



S様邸

家が建つ土地には、当然ながら広いところから狭いところまでがあります。
ほぼ長方形に近い形状もあれば、台形もありますし、まれに三角形もあります。しかし、特殊な形状をした土地の中でも、私たちが出会う頻度が高いのがL字型の土地です。
すなわち、道路から建物の建つところが道路から数メートル〜十数メートル離れている敷地延長部をもつ土地であり、私たちはこれを縮めて「敷延」と呼んでいますが、この箇所はアプローチであると同時に駐車スペースでもあります。
この部分をいかに楽しくするか?
そんなことをいつも考えております。

今回は比較的オーソドックスなデザインですが、お施主様によるプランターも配置されてグッと明るい印象が増しました!




こちらはアプローチ奥のテラス。
住み慣れてきたときには、テラスの前もきっと賑やかになっていることでしょう。


[ネクスト作品集]新しい歴史、受け継がれる歴史




川崎市・U様邸




今回はかなり大規模なリフォームの事例をご紹介します!

新築当時は白で統一された木製で素敵なエクステリアでしたが、やはり天然木の宿命で経年劣化には対応が難しかったようです。
長い時間を経て黒い汚れが目立つようになってきてしまったので、奇麗にしたいとのご要望を頂きました。
ご依頼内容は、ベランダ、ウッドデッキ、アプローチ、門扉、フェンスです。

さて……??






こちらが、リフォーム後の写真です。

かなり大がかりな工事になることは予測できたので、お施主様、金物メーカーさんとの打ち合わせは綿密に行わないといけません。
さまざまな格闘の末、細縦格子を主体とするアルミ形材の製品と樹脂デッキという人工物を主体に、もともとの雰囲気を損なわないようにリフォームすることができました。
天然木のエクステリアでこそなくなりましたが、その思想はしっかりと受け継げたことでしょう。
このお庭で生まれる時間は、これからも続いていきます。

[ネクスト作品集]パッチワークのように




某市・S様邸





モザイク模様の壁タイルが貼られた住宅です。
洋館のようなデザインを意識して、レンガ調の壁タイル貼りを主体とするエクステリアを構成しました。
植栽でもコニファー類やアイビーを多用し、雰囲気をしっかりと作り込んであります。
このような家の門扉はやはり、鋳物が合います。

もうひとつの見どころとなる、主庭部へご案内。





白いトレリスの向こう側が、主庭になっています。

ファサードとは色の異なるレンガを活用し、ウッドフェンスを建てるなど全く違う表情をつくりました。
奥の方がちょっとした坪庭風になっています。
遊歩道のように樹脂舗装された主庭には、LED照明が埋め込んであり、夜になると自動的に点灯しふんだんに使った植栽を輝かせてくれます。

[ネクスト作品集]緑化舗装にアタックします!


千葉市・O様邸




地球温暖化が現実のものとなった現在、日本でも最高気温が35度を上回る「猛暑日」という分類がすっかり定着するという現実があります。こんな中で空調機械によらず庭の体感温度を落としていく方法はズバリ、緑被率の向上です!
というわけで、緑化舗装ブロックをフル活用して緑被率の大幅アップにアタックです。
しかし、私どもネクストの緑化舗装は、ただ緑化すればいいわけではありません。
そこに暮らしやすい空間、和める空間がなければなりません。
今回は緑化舗装された主庭部で天然木のウッドフェンスとデッキ、穴あきブロックの積み上げ、天然石に南国植物……などなど、南国を徹底的に表現しました。主庭部以外でも、その文法をきっちり使っていきます。


いかがですか?
家に入れば、そこはもう沖縄か宮崎か、はたまた外国の南の島です!

[ネクスト作品集]穏やかに閉じるリフォーム




T様邸





今回は比較的小規模なリフォームの事例です。
特に難しいことをしていないアプローチですが、隣地境界のブロックが低く、なんとかしたいとのこと。

さて……??






こちらが、リフォーム後の写真です。

単純にクローズド外構にするとは言っても、闇雲にブロックを高く積み上げるのでは芸がありません。
そもそも見えづらい空間は、防犯を問題にする場合かえって良くないのです。
今回はブロックを積み増しした後ポーチを一部はつりまして、鋳物フェンスと門扉をつけ、無理のない形に仕上げました。
ただ空いているだけの空間が、だいぶ引き締まりました。

[ネクスト作品集]セミクローズドに大切なこと


水戸市・I様邸


セミクローズドエクステリアで、南欧風の文法を多数取り込んだ作品。
ブロックにスリットを空けていること、門まわりの金物に鋳物製品を使っていることが息苦しくない門まわりを演出する仕掛けです。
ところで、空間に開放感を醸し出すのは良い事です。
しかしながら単にだだっ広いだけでは、広い空間が間延びしてしまいます。
そんなときには、ここぞまさに植栽の出番。
今回もしっかり見どころに配置し、見る人住む人の目を和ませる役割を果たしています。



[ネクスト作品集]第2期工事〜ウッドデッキ!


つくば市・S様邸 ウッドデッキ

花が芽吹く春を少し過ぎた時期にウッドデッキを設置しました。
以前からあるテラス屋根に干渉せぬよう、細心の注意をもって施工。
何とも言えぬ過ごしやすさを、感じて頂けるでしょうか。

大きな木が作る影も、ウッドデッキの快適さを高めてくれます。

[ネクスト作品集]ガゼボハウスにいざなう道



某市・I様邸




今回はリフォームの案件です。
空いている主庭の敷地にガゼボを設置するのに合わせ、南国風のエクステリアを作ることになりました。
さて、どうしたものか?
ガゼボへの通路を造作する前に、まずは建物周りから!
赤茶色系統のレンガと塗り壁、鋳物フェンスを配します。
このときに主たる壁の前に低くレンガを積んでその隙間を花壇にすることで立体感を演出します。
クローズド外構ですから当然のこと庭を利用するのはお施主様だけですが、このさりげない技術をひとつ利用するだけで、道行く人もこの庭の魅力の一端を楽しむことができるのです。
インテリアと異なり、エクステリアは外から見ることができるものです。
したがって外界を拒絶あるいは遮断するだけの役割しか持たないエクステリアは、街並みの中で考えた場合よいエクステリアとは言えません。




外まわりができましたら、いよいよ主庭からガゼボへと続く通路です。
石貼りの通路の上に、木製のパーゴラがかかりました。
お施主様の計画では、将来的にこのパーゴラにバラのつたを絡めていきたいとのこと。
今回の工事では植栽工事は行いませんでしたのでその光景まではすぐに写真で紹介できませんが、そう遠くない将来に、この場は素敵なローズガーデンになっていることでしょう。
パーゴラから漏れる太陽の光を想像するだけで楽しみな空間です。





最後にこちらは、パーゴラの拡大写真です。
頑丈なこの構造にも注目です!


[ネクスト作品集]健やかな明日のために……門まわりの工夫


M様邸


エクステリアを造作できるスペースが狭く、門まわりにこだわるしかない現場。
それは、門まわりだけはどんな住宅でも大切にできるということにほかなりません。
単なる塗り壁だけで終わらせるのではありません。
穴あきブロックを埋め、その手前にピンコロを積んで花壇を作り、草花を植え照明を立てる……。
たわいもないように見えて、見せる工夫はしっかりしているのです。
色彩の調和もちゃんと取れているところが、ニクイ。

[ネクスト作品集]緑の光線


白岡町・H様邸




モダンな家です。アクセントでモスグリーン調の飾り壁がなされています。
さあ、どうしたものでしょうか……ということで、家と同じ色合いを使った背の異なる壁を5つ。
ガラスブロックを埋め込んで視線を集め、門袖機能を持つブロックは、厚みの異なるブロックを抱き合わせて施工し、そのくぼみにモザイクタイルを貼ります。
緑と白で構成された門まわりを、黒い乱形石と黒いレンガのアプローチが締めます!

この地域は緑化計画も必要なところでした。
門まわりこそ下草程度ですが、メインガーデンではしっかりと植栽を配置してあります。




樹脂デッキと、お揃いの高尺フェンスです。
憩いの空間は、きっと日々の生活をかけがえないものにしてくれることでしょう。
いぶし色のちょっと無骨で朴訥な立水栓は、忘れちゃいけない大事な脇役です!



[ネクスト作品集]いくつもの知恵と知識、そして絵心


品川区・E様邸




一つ一つの素材はどれも何気ないように見えて、実はさまざまなデザインの文法に従って配置されています。
見る人を楽しませるための工夫を、いくつ読み取ることができるでしょうか。
とにかく、難しいことは抜きにしてじっくりとご覧ください!




四方向から見渡すことができる中庭です。
無彩色の化粧砂利とタイルで構成された空間に、植栽が映えます。



[ネクスト作品集]高低差との格闘


春日部市・Y様邸




高低差の激しい現場です。
現場は平坦な敷地ばかりではありませんから、こういった場所でもしっかりとエクステリアを考えることが大事です。
ここでは
目隠しや動線を遮るために汎用部材を活用し、律動感を持たせてみました。

敷地を逆手にとって造作にも高低差をつけ、上下のアクセントにも配慮するために投入されたスグレモノです。




造作門袖です。
無彩色の対比で構成された大小の門袖が、適切な緊張感をもたらしてくれます。
ワンポイントで置かれた緑のガラス表札と、高低差によって土がこぼれたりしないよう下草をしっかり植えたのも大事なところ。

[ネクスト作品集]噂のM.シェード


世田谷区・U様邸




梁材を組み合わせて広く長い空間を支えることを可能にする、橋梁や大規模建築でしばしばみられるトラス構造。

これをアルミ形材によって形成しエクステリアに活用した製品が、こちら三協立山アルミ(本社:富山県高岡市)の「M.シェード」です。

今回は敷地に絡んだ電柱、道路標識などに合わせて切詰め加工が必要となり難しい現場でしたが、職人さんの技術のおかげで滞りなく完了しました。
モダンな住宅に、実によく似合います。

建築構造力学の粋を集めた美しさは、実に特徴的です。

[ネクスト作品集]ピンコロガーデンの極北


大田区・I様邸集合住宅




建設業界において90角の石材を俗に「ピンコロ」と呼ぶようになったのは、かつて博打を打つ職人たちが材料をサイコロに見立てたことがきっかけと言われています。
敷いて良し、積んでも良しのかなりポピュラーな素材ですが、ブロックと違いまして中に鉄筋を入れることはできませんから、積んで使う場合は低い花壇としての活躍がメインになります。

お施主様のご希望によるピンコロ大活躍のエクステリア。

白とグレーのピンコロは、モダンな住宅と金物にもばっちり合います。

[ネクスト作品集]卒園の想い出


幸手市・幸手ひまわり幼稚園 卒園記念銘板




幸手市の幼稚園から、卒園記念品としての館名板のご依頼をいただきました。

ご依頼から製造、除幕に至るまでいくつもの打ち合わせとデザイン検討を繰り返し、このほどついに完成。太め、木調の汎用部材でボードを造作し、銘板本体は表札メーカーに特注依頼をかけて製作した品です。

幼稚園に通う子供の顔ぶれは毎年入園と卒園を繰り返し、変わっていきます。

しかし記憶は変わることなくこの地にとどまり続けます。

保護者の方々の思いを受けて製作されたこの品が、子供たちの記憶に長く留まり、良き思い出のよすがとなることを願ってやみません。

[ネクスト作品集]堂々たる門まわり。



文京区・M様邸




エクステリアの中でもかなり大がかりな門構えを扱った案件です。
高い壁、大がかりなシャッターゲートは塗り壁もしくは擬石貼り。
写真には写っていないのですが、テラス工事やカーポート屋根工事など、大きいものがいっぱい。
当然ながら、これだけの規模の門構えは段取りから実際の施工が終了するまでにかなりの時間がかかります。
外構図面の打ち合わせ開始から2期にわたる工事の終了まで、1年半は費やしたでしょうか。
堂々たる空間の完成です。




せっかくですからメインゲートをどアップで!!




同じような形をしておりますが、こちらはなんと裏口になります。
ご近所でも評判の、御殿です!


[ネクスト作品集]狭小アプローチでの門まわり。



T様邸




外構として工事する空間の面積は大きいのですが道路と住宅本体が極めて近く、門まわりの造作が大変な現場でした。
それでも、見どころは複数詰まっています。
正方形状の化粧ブロックとガラスブロックによる造作門袖と、ピンコロ、乱形石などの色合いと住宅本体に違和感が生じないよう、製品に配慮したところ。
植栽も樹木に細身のものを使用し、草花を多用したところ。

空間がないなら、ないなりの手段がちゃんとあります。


[ネクスト作品集]RC門袖でビフォーわふたー。



S様邸・門袖リフォーム




門袖のなかった家に今回門袖を造作し、そこにポストと表札をつけたい……。
そんなご要望をいただきました。
玄関周りのポーチや既存の花壇、そして住宅本体のサイディングも色は白です。
さて、どうしたものか?

この現場では使う素材にかなりの試行錯誤がありましたが、結局現場打ちのRCを打つことに。
RCと相性の良いガラスやガラス表札、さらにはステンカラー系の口金ポスト。
もともと植栽があったため、大きく原型を損なうことなくモダンな門まわりができあがりました。


こちらは工事前の写真です。
以前はご覧のように門袖がありませんでした。



[ネクスト作品集]木々がでっかいわぁ〜!



杉並区・I様邸




邸宅……そんな言葉がよく合う現場でした。
お施主様のご要望により、広いメインガーデンに和テイストの庭をつくることになりました。
たくさん景石を持ち込み、十分に育った樹木はクレーンで搬入!
大きなウッドデッキからの、2階バルコニーからの眺めは最高です。

緑化計画をお役所に提出しなければならない現場でしたが、そんな基準など楽々クリアできるくらい緑がいっぱいの広くて穏やかな庭です。



[ネクスト作品集]G党大改造。


春日部市・S様邸リフォーム




前回のリフォーム事例と同様、門袖のない家に今回門袖とカーポートを設置したいとのご要望でした。現況はオープン外構……というよりも、基本的には土留と土間コン、機能門柱だけで構成されたもの。この際だから……ということで、しっかりとクローズドにした門まわりを作ってほしい
ということになりました。
さて、どうしたものか?

結論として、TOEX「プラスG」になりました。
部材の色数がもともと多いため、新築案件でなくとも使っておかしくならない製品と言えます。
シャッターやカーポートも組合わせ、背が高くとも威圧感のない仕上がりになりました。


こちらは工事前の写真です。
門袖がなく、カーポートもありませんでした。


[ネクスト作品集]静寂と静謐


S様邸



目隠し扉を開けると、そこはちょっとした坪庭です。
流紋の入ったようなジョリパット塗りの壁に白玉砂利、若干の壁スリットにシマトネリコの木。
本当に密やかな空間です。
けれども、何も足していない、何も引いていない。
そこに癒しがあります。



[ネクスト作品集]わびとさび。



春日部市・N様邸 玄関リフォーム

サビ石のアプローチと小さめの景石、いくつかのタマリュウ。
低予算のリフォームでも、ここまでできます。
どんな庭も、玄関前からはじまります。

[ネクスト作品集]左右対称と白と。



三郷市・K様邸

左右対称を特徴とする北米式住宅です。
植栽を好まれるお施主様ということもありまして、色合いの調和にも気遣った仕上がりです。
外構は建物と同様、主要部分が左右対称になっていることに注目。
造作門柱やライトアップされる植栽も、見どころです。

[ネクスト作品集]さて、何でしょう? ちょっと変わった機能門柱です



横浜市・W様邸

一見ポストに見えますが、ブロックに埋め込んで施工できる機能門柱の一種です。
スタイリッシュモダンな塗り壁に合う、なかなかのスグレモノです!
高低差が厳しく、できうる限りブロックを積んでおかないといけない現場ですが、
しっかりおさまってくれました。


門まわり全景です。

[ネクスト作品集]たて格子! 細たて格子!


世田谷区・N様邸

デッキの前、アプローチの脇の竪格子2題。
裏に胴縁を回したフェンスと呼べるもの、角材を一本一本立てたもの。
流儀は違いますがどちらも立派なたて格子。
視覚効果、バツグンです!


アプローチです。

[ネクスト作品集]カラーチャートを重視して。



世田谷区・U様邸 門まわり

門袖と一体の花壇、レンガタイル貼りの門袖。
ポストや照明も、レンガタイルに色が近い品物を使っています。
建物と道路のスペースがかなり接近して難しい現場でも、このくらいの意匠はつくれるものです。
「狭いから仕方ない」と門まわりを土間打ちする前に、私どもネクストにお任せ下さい!

[ネクスト作品集]階段から数式の逆算。


取手市・I様邸

うねった塗り壁、デザイン性重視の住宅。
こういった非定型のアプローチには、やはり乱形石による仕上げが有効です。
機能ポールは、このアプローチから逆算していろいろ提案した結果、写真の品物に落ち着きました。
植栽がつくと、きっとさらに映えるはずです。


別アングルです。

[ネクスト作品集]風の視点。



狛江市・W様邸 アプローチ

アプローチを楽しく歩きたい……そんな願いを実現しました。
単にブロックを塗っただけではなく、穴をアーチ状に開け、小さいレンガを笠木に乗せ、ブロックの足元にはスポットライトと下草。
ひとつひとつの造作を加えていくと、こんな空間ができます。
1対の飾り壁のうち左側は、控え壁としての役割も果たしているところがニクいところ。
夕刊フジもびっくり、まさにピンクベージュ色のニクイ奴です!

[ネクスト作品集]プライベートガーデンの極北。



世田谷区・S様邸 主庭部

都会の真ん中のプライベートガーデン。
樹脂デッキと人工木による竪格子フェンスを組み合わせ、大規模なプライベートスペースが完成しました。右上隅のシマトネリコは眼に優しく、いくつか取り付けてあるスポットライトは夜の庭の主役となります!



樹脂デッキには三協立山アルミ「ひとと木」、縦格子にはタカショー「エバーアートウッド」を使用しています。デッキ色と竪格子の色は揃えることができなかったので、それならばいっそ大きく変えてしまうことになりましたが、なかなかどうして見栄えも上々です。


門まわりです。
完全に閉じられていながら軽快なファサードを実現しました。

[ネクスト作品集]機能門柱の土間コン直打ち、禁止!



船橋市・Y様邸 門まわり

オープン外構の場合、機能門柱や機能ポールを使うことが多くなります。そんな時も、土間コンクリートの上に取り付けるのは見栄えがよくありません。
このように空きスペースを活用して花壇をうまく作ってしまうことが、何でもないように見えて大切な技術です。
いかがですか?



道路から見た全景です。
デッキ周りの壁や格子にも、ちゃんとひと手間ふた手間かけて快適空間を演出しています。

[ネクスト作品集]あたかも異国のリゾート地。


館林市・N様邸

南国情緒満載。
石貼りの壁とアプローチで、デザイン性最重視!
四季の差が激しいここ日本でも厳冬地でなければヤシの木は概ね育ちます。
それなりのお値段になってしまうのが難点ではありますが、好きな方にはたまらないヤシの木。
このような特殊樹でないと演出できない雰囲気が、やはりあります。


[ネクスト作品集]アプローチにかける。


江戸川区・O様邸

道路に面してすぐのところに門扉を設けるか、今回の写真のように少し奥から始めるかは状況によりますが、設計GLと道路レベルに差がある場合は、奥から始める方が高さの把握の苦労はは減ります。
その場合はアプローチがひとつの見どころ。
今回は花壇をふんだんに活用して仕上げました。

[ネクスト作品集]リビングガレージという憧れ


立川市・S様邸


TOEXのリビングガレージ「スタイルコート」が設置された現場です。
ご覧のとおり格好いい品で、発売当初はテレビ東京のワールドビジネスサテライトでも取り上げられました。
今回のように門まわり近くに置く場合には、ある程度壁を積み上げておいた方が見栄えはいいようです。
レンガの色とも良くあって、落ち着いた門がまえになりました。


[ネクスト作品集]ふたつの表情。



武蔵野市・W様邸

近年は都内23区を中心に、緑化計画の立案が求められる地区が増えております。
乱形石のランダムさを利用して抜き枠をかませ、植栽スペースにするお手本通りのファサードです。伸縮門扉の前と後で全く異なる門周りの演出も見どころです。


[ネクスト作品集]Two to the third power is equal to eight.



某物件

英語で累乗の表現をするときに例えば「3の4乗」を表すなら、
「3 to the fourth power」
となります。
ただし、2乗だと単純に"squared"、3乗だと"cubed"とも言います。
最近出回っている、正方形の文様が入った化粧ブロックの製品名称に「キューブ」が入っているのはそういうところから来ているものです。
古くからある鋳物門扉に、意外にも現代的なこの化粧ブロックを合わせるといい雰囲気を作ってくれます!

[ネクスト作品集]こ……これは!?



某物件・主庭部

プライベートガーデンの中の樹脂デッキです。
え、たったそれだけ?
いえいえ違います、よーく見て下さい。



メインツリーの足元に注目!
なんと、この現場では樹脂デッキを木の幹に合わせてくり抜いてしまったのです。
普通はメーカーで用意されている規格品のくり抜き加工セットを使うところですが、ご要望とあらば職人技発動です!

[ネクスト作品集]石貼りの門袖

施工事例


O様邸

背の低い石貼りの壁に、照明とロートアイアン表札。
シンプルなデザインにもかかわらず、植えられた草花は四季折々の表情を、あかりは昼と夜とで異なる表情を演出します。

[ネクスト作品集]スリットと小穴と白い壁

施工事例


Y様邸

車庫スペースとテラスを隔てる曲線状の白い塗り壁が強い印象を与える門まわりです。
適度に配置された壁のスリットと曲線美も目を引きます。
いまだ芽吹かぬ抜き枠の土から草花が萌え出てくる季節に、この庭の完成形が姿を見せることでしょう。

[ネクスト作品集]手抜かないオープン外構。

施工事例


某物件

いわゆるオープン外構はともすると単なる手抜きになってしまいかねないので注意が必要です。こちらの現場は床タイル貼りの色違いのアクセントや、配置された植栽を意識した門袖のブロック積み、穴あきブロックの配置などのギミックを用意しました。
いろいろ楽しめる場所を作るのが、大事です。

[ネクスト作品集]瀟洒な門まわり。


?市・Y様邸


門まわりの袖壁にある、塗り壁の中に埋め込んだ金属細工が見どころです。
のっぺりした壁も、一気に人目を引きつける。
そんな魅力があります。
塗り壁をご検討中の方は是非、お試しください!


[ネクスト作品集]赤と茶色。


世田谷区・T様邸

乱形石とレンガ、赤っぽいものが揃った庭です。
家は当然のこととして、配管まわりとも違和感なく揃いました。
簡単なことですが、大事なことです。



[ネクスト作品集]和モダンとレリーフの共演です!


板橋区・S様邸

ポイントのストーンレリーフはお施主様の支給品。
和モダン調の門袖に、しっかりとおさまりました!



[ネクスト作品集]Neo-Generation


練馬区・I様邸

敷地が広くなったので、門袖を新たに追加した現場です。
レンガタイルと鋳物フェンス、そして重厚感ある折り戸。
まさに、この家にもうひとつの歴史が始まりました!