機能性と防犯性のあるデザインを実現

レンガ門袖と鋳物門扉で玄関先をクローズ外構させて頂きました。門袖脇に植栽と階段をR状にすることでクローズの閉鎖を柔らかく表現しました。

白を基調した、門回りと境界フェンスにレンガ角柱でアクセントを加えました。植栽も育ちやすい風通しのよい門回りになりました。

黒のジョリパットでしっかりと存在感を加えました。建物とマッチさせながら、木目のポストでより統一性を出しました。

レンガ角柱と鋳物の門扉でクローズ外構に。閉鎖感をなくす為に並びの塀を白ベースにしながら、植栽を加えることで軽い空間を演出しました。

外壁と一体感あるデザインをベースに白亜の高級感をアプローチのブロックタイルと細身のフェンスで引き締め優雅さを演出。

コンクリートとタイルだけでなく、カラフルな塀を作ることで唯一の空間を作ることができました。ガラスブロックを組むことで可愛さもをアップです。

総タイル貼りの塀に大きな鋳物の門扉で重厚感のある門回りに。シックなグレーのタイルが空間を引き締めてくれます。

開口部をもうけたタイプの門回りです。飛び石と天然芝で彩りを加えながら、四季の植栽を楽しめる空間になりました。

和風の門構えを実現。脇の扉からの出入りもでき、意匠性だけでなく、機能性もしっかりと持たせます。